2018/08/17コラム

肩こりと食事

肩こりの対処法といえば、マッサージやストレッチが思い浮かびますが、食生活を見直すことで、身体の中から改善させる方法もあるそうです。今回は肩こりの改善が期待される食材をご紹介します。

肩こりの原因はさまざまですが、その一つは冷えなどによる血流の悪化です。血流改善の効果が期待できる栄養素としては、ビタミンEやクエン酸、タンパク質、DHAやEPAなどがあります。
これから旬を迎えるさんまや秋さばのほか、いわし、あじ、かつおなどの青魚には、良質のタンパク質やDHA、EPAが豊富です。缶詰も出回っているので、もっと気軽に食事に取り入れてみるとよいかもしれません。一方、ビタミンEが豊富なのは、ごまや大豆製品など。クエン酸を摂るなら、柑橘系の果物、梅干し、お酢などがおすすめです。

肩こりには早めの対処が肝要です。肩がこる前に、日ごろからこうした食材を積極的に摂りましょう。もちろん、ストレッチなど体をこまめに動かしたり、体を温めることもお忘れなく。

研修 / セミナー情報
お知らせ
コラム

COLUMN

NEW! 2018/08/17
肩こりと食事
NEW! 2018/07/14
着こなし
新着情報一覧へ
PAGE TOP